大切な家を守るための「外壁塗装」のラジカル制御塗料について

青い外壁の家

外壁塗装の必要性について

新築した美しい一戸建ての家も、そのままお手入れをせず何十年もそのまま持ち続けるというものではありません。特に家の外壁は風雨や太陽の紫外線などに常にさらされているのですから、やがて劣化していきます。
外壁塗装に関しては誰もが詳しいわけではありませんから、見た目にはそれほど劣化が目立たないのであればまだ外壁塗装をしなくても大丈夫かな、とついつい先延ばししてしまいがちです。しかし新築後10年くらいを目途に外壁塗装を行わなければ、外壁のひび割れや腐食などにより、外観が悪くなるだけではなく雨漏りや耐震性が悪くなるので要注意です。特に防水性を高めて家の資産価値を維持するためにも、外壁塗装を定期的に行うことが大切です。たとえ見た感じでは分からなくても、外壁塗装は月日とともに必ず落ちていきますし、数十年にもわたって安定している外壁はありえないのです。外壁を放置しておくと雨漏りや湿気が侵入してくるほか、外壁にひび割れが生じたり、最悪の場合外壁内部が腐食してくることで家が傾いてくる危険性もあります。そのため外壁に関して常に気を付けて、早めの外壁塗装を行うことが大切で、そうすることで費用も安く抑えることになります。

CHOICES ARTICLE

POSTLIST

TOP