大切な家を守るための「外壁塗装」のラジカル制御塗料について

青い外壁の家

外壁塗装は家を建ててどのくらいで必要か

建てたばかりの新築の家というのは、どこを見ても当然ながら綺麗です。しかし、住宅は時間がたてばたつ程どんどん古くなり、そして全体的に劣化が目立つようになります。そうなってきたら古くなったところをリフォームなどをして手入れをしないといけません。外壁に関しても、状況に応じて外壁塗装を業者に依頼をしないといけません。家を建ててからだいたいどのくらいで外壁塗装が必要になるのか、解説をしていきたいと思います。
家を建ててからだいたい7年から10年程経過をしたところで、外壁塗装は塗り替え時期となります。外壁塗装は常に外で長年外気にさらされます。酸性雨や紫外線などにも耐えてくれているわけですから、負担も少なくないのです。定期的にしっかりと塗り替えをしないと塗装はくたびれてしまい、今まで塗装の引き受けてくれていたダメージが外壁に伝わってしまう事になります。なので7年から10年ごとに、外壁塗装は業者にお願いするようになさってください。
外壁塗装というのは見た目だけを良くするのではなく、家全体を長持ちさせるためにも必要になるものです。およそ10年スパンで、しっかりと業者に依頼をして外壁塗装で家を守るようになさってください。

CHOICES ARTICLE

POSTLIST

TOP